上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
関西ではこの前の週末から桜が満開になっています♪

桜が満開の時期に釣れる鯛は綺麗なピンク色になり、桜鯛と呼ばれます。
また、真鯛はゴールデンウィーク明けの産卵の時期に備え、餌を荒喰いする習性があります。
これを「のっこみ」と呼ぶんですが、それもこの時期にあたります。


この綺麗な真鯛を釣りたい!ということで、
いつもより早めに親をたたき起して

7:30 マリーナを出港
8:00 友ヶ島周辺に到着


まだ当船はマダイの釣果がないので、
マダイがいるポイントなどわからず、
乗合船時代によく連れて行かれたポイントへとりあえず入ってみた。
魚探を見ると、ちらほらと魚影が見える。

回りにはちらほら乗合船が見えるが、
船団になるほどではなく、わりとそばで釣りをしていても文句を言われることはなかった。


そこで1時間ほど流してみたが、
底釣りをしている母に小さいガシラが2匹かかっただけで、
私の高仕掛けには何も反応がなかった。
疑似餌は2種類同時に使っているのだが、
両方今日の潮にはマッチしていないようだった。

おまけにクラゲが大量発生していて、
高仕掛けは毎回ドロドロになってしまい、
これを毎回取り去る作業にかなりの時間を要してしまった。


あまりにもクラゲが多いので、
父が南の方を指さして、
「あっちに船がたくさん集まってるから、あっちに行こう!」
と言うので、その船団まで移動。

その船団は田倉崎の解放漁礁にできていた船団だった。


当船はまだまだ操船技術には不安が残る。
スパンカーがないので、
OCEAN FACTORYさんに教えてもらった艫流しを実践しているがまだまだぎこちない。


船団ができている中で高仕掛けをさばく自信がなかったので、
私は用意していた「ひとつテンヤ」の仕掛けにチェンジした。


操船がままならないので、底を取るのに苦労したが、
たまたま底が取れてから、数回しゃくると・・・。


ブルブルっとアタリがきた!
しかも、しっかりひいてくれている・・・。

どの魚がかかったか、期待をしながらリールを巻き上げていくと、
海面に待ちに待ったピンク色の魚が見えた!

慎重に取り込み、ピンクの桜鯛ゲット!
100403_1528~01
念願の初 鯛ゲットである。

みなさん、何cmに見えますか?
当ててみてください。








・・・・・
・・









正解は・・・。極チビサイズ。

ホントは桜鯛というよりは桜チャリコ、もしくは桜カスゴサイズでした。(笑
100403_0953~01
ばっちり孫針にかかっています。

ホントはこのサイズの鯛ならリリースして、
大きくなってから釣りあげたいものですが、今回は特別。

当船での初めての鯛、ということでかわいそうですが持ち帰ることにしました。




それから、このポイントでそれから数時間粘りましたが、
私のテンヤに鯛が食いつくことはありませんでした。

アタリがあったのは、底釣りをしている母のみで、
トラギス君が2匹遊んでくれました。



夕方に用事があったため

14:30 納竿

としました。


というわけで今回の釣果です。
100403_1547~01



こうみるとやっぱりこの鯛は小さいですね(汗
100403_1621~01


けど、私の中ではこの鯛は小さいけれど、大きな一歩
100403_2021~01
今後の釣果を夢見ながら、今回はありがたくいただきました。


よ~し、もっとがんばるぞ!
スポンサーサイト
2010.04.06 Tue l 釣り l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://letsgofishingingrace.blog48.fc2.com/tb.php/14-c957c713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。