上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
土曜日、久し振りの大原へ。
朝、いつもの電車にのり、大原駅まで2時間ちょっと。
のんびり寝ながら、聖地を目指します。

駅について、大原漁港まで歩いて20分ほど。
大原は昔ながらの街並みが残っていて、
まるでおばあちゃんの田舎のようで、
懐かしい気分になれるいいトコロ。
私は結構気に入っています。

天気は曇りで雨が降りそうな感じ。
この時期に釣りをするなら、
こういう天気が暑くもなく釣りやすい。

船着場に着くと、いつもの仲乗りさんがいて、
挨拶をして、しばし雑談。
どうやら午前便は他の人が仲乗りをして、
午後はいつもの仲乗りさんが乗るらしい。


今日の乗船者は私を含めてなんと3人!!
今までこの船に乗っていて、
毎回少なくとも10人は乗っていたのに、
今日はやけに少ない。

仲乗りさんにその辺のところを聞いてみると、
ここんところのき栄丸の釣果不足も原因だけども、
大原全体の釣果も少ないのが一番の原因だそう。


最近はブログやネットで
リアルタイムで釣果速報を得られるために、
釣り人はそれを見て、乗る船を決める。
当然、釣果が落ちればその船、港には行かない。

まぁ、当たり前と言ったら当たり前なのだけども、
空前の大人気の一つテンヤの聖地に人が少ないのは、
ちょっぴりさびしい気分になった。



だけども、釣り人が3人しかいないので、
釣り座は取り放題、お祭りの可能性も低い!
まさに一つテンヤには最高の環境。
まるで仕立て船に乗った気分。


あとはお魚さんたちがついてくれればよかったんですけど・・・。




ポイントについて釣りを開始するも、
常にラインが真下に落ちていく状況。
要は潮がまったく動いていない、ということ。

船釣りする人なら当たり前に知っていることだけど、
お魚さんたちは潮が流れてないと、口を使わない。


いつもの大原なら、潮が速くて、底取りに苦戦して、
吹きあがりでアタリを取ったりするのが、
テンヤはずーっと底についたまま。


それでも開始そうそう
小さいながらマダイをあげたが、あとが続かず。
時折細かいアタリがあるも、針がかりせず。

そういうアタリはベラかウマヅラだろうと思いながら、
数時間後、違和感に合わせると何か乗った。
結構引くわりに、ドラグも滑らないし、
なんだろう?と思っていたら、
大原名物巨大ウマヅラでした。


それ以降船中ほとんどアタリもなく、
時間だけが過ぎる。


釣り人というのは不思議なもので、
自分が釣れたり、周りが釣れたりすると、
気分が乗ってきて、全然疲れない。

けど、その逆は言わずもがな。


今日のコンディションはそんな感じ。
それでも立って釣るスタイルを貫いていたが、
腰に疲れがたまるばかり。


仲乗りさんも竿を忘れた上に、
誰もお祭りしないので、ずっと暇そう。
オッチさんは無線で釣れねぇよ~、とぼやく。



そんな時間がずーっと流れてしびれを切らしたのか、
仲乗りさんから今日は30分早く沖上がりするよ、と伝えられた。

普段なら遅くまで釣らせてくれるき栄丸さんだが、
今回はタイムアップよりもギブアップのようだ。


タイムアップぎりぎりになって、私の竿に微かなアタリがきた。
合わせるとぐんぐん弾いてくれるがドラグは滑らない。
ただ重いだけ。

仲乗りさんに声をかけると、船のお片づけ中で、
「バラすなよ~?貴重なお魚なんだからさ~」
と私にプレッシャーをかける。

そう言われると余計にプレッシャーがかかるんですけど・・・



いつも以上に慎重にやりとりして、
魚影が海面にあがってくる直前には仲乗りさんは隣にいて、
私の様子を見守る。


結局あがってきたのは40cm弱のホウボウで、
タモで掬った後、船にあげてすぐにタモの中で針が外れた。
どうやら孫針一本でかかってたらしく、
確かに慎重にやりとりしていなければ、
針が外れていたかもしれない。


結局、最終的な釣果は、
マダイ28cm:1匹
ホウボウ38cm:1匹
ウマヅラハギ(推定45cm):1匹
アジ(お土産):1匹
に終わった。
100703_2122_01.jpg
スポンサーサイト
2010.07.05 Mon l 大原 き栄丸 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

せっかく
貸し切りに近かったと言うのに・・・残念でした。
お疲れ様でした!
潮が動かない中、クリックリ坊主ではなかったのですから
よしとしましょっ♪
2010.07.05 Mon l てんにゃん. URL l 編集
Re: せっかく
はい、まさにその通りです。
乗合に乗って1万円以上払っても、
ボウズになっちゃうこともありますからね・・・。

どのみち一つテンヤの修行のための大原通いなので、
釣れなくても、修行ができればよいのです(笑
2010.07.06 Tue l きょん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://letsgofishingingrace.blog48.fc2.com/tb.php/30-2d5fb1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。