上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今週は予定通りのき栄丸。
ただ、今回はいつもの午後便じゃなくて午前便。
それは、千葉の釣友Tさんが一つテンヤ初挑戦で、
しかも車を出してくれたためだ。

金曜夜、仕事が終わってから即帰宅→仮眠。
5時間ほど寝る時間があったが、
結局あまり寝れずに起きるハメに。

眠気眼をこすりながら、Tさん宅へ電車移動。
そしてそのまま、0時30分すぎに大原へ向けて出発。

道中釣り談義をしながら3時前に現地に到着。
準備しながら集合時間を待っていると、
今回は我々以外にお客さんは3人の模様。
しかも、この3人、ある雑誌の取材みたいで、
この中の二人は某有名メーカーのテスター。

出港前の雑談が終わり、出港する直前、
”今日は取材が入ってるから、いい鯛釣ったら雑誌に乗るで!”
とオッチさんに激励される。

実はそんなことを言われる前から、
今日はいつも以上に気合が入っていた。

それは今日一つテンヤ初挑戦のTさんに
経験者の私が不様な姿を見せる訳にいかなかったからだ。

さらに、雑誌の取材班も乗っている・・・
気合いが入らないわけがない。


”最低でもダブルスコアでないと・・・”
内心そう思いながら、暗い中大原港を出港したのだった。



港を出港したき栄丸はここ最近よくいくポイントではなく、
1時間程移動したポイントで停止。
シーアンカーを投入した後、釣り開始の合図がでた。




水深17m、テンヤは2号をチョイス。
その第一投目。

テンヤが着底してすぐに小さなアタリ。
反射的に合わせると、心地よい3段引きが伝わる。


マダイだ。

チャリコより少し大きいくらいだが、幸先のいいスタート。



すると、これを皮切りに4連続ヒット。
サイズは同じくらいだが、いきなり私だけ爆釣ムード。

周りの釣り人はまだ誰も釣れていない。
ただ、オッチさんだけは朝一に2キロアップのマダイを釣っていた。



ここで釣友Tさんにアタリがあるか尋ねると、全然なし。
餌の海老も全然かじられていない、との答え。

一方の私はテンヤを落とすたびに、すぐに海老がなくなる。
すべてフッキングに持ち込んでいるわけではないが、
ほとんど入れ食い状態だから、Tさんもがんばって!と励ます。

そんな会話をしながら、
少し工夫をしてサミングしつつテンヤをフォールさせていると・・・


竿先に今まで感じたことがない変な違和感。

無意識にサミングした状態から合わせを入れる。



すると、その刹那。

竿が海中へ引きずり込まれる。

慎重にベイルを返し、リールを巻く。
心地よい引きをみせ、水面に浮かび上がるピンクの魚体。



一つテンヤはフォールの釣り


どの本にもそう書いてある。

けれど、
私は正直今までフォール中の当たりを確信して合わせたことはなく、
着底している状態で竿先にでるあたりだけを即アワセしてきた。

それはフォール中のアタリは糸フケで判断するしかなく、
ど素人の私ではわかるはずがないと高をくくっていたのかもしれない。


ただ今回は前回の釣行の時にオッチさんから学んだやり方を少し応用して、
フォール中の当たりが見れないか試してみた。


これがどんぴしゃ。
フォール中のアタリが鮮明に出たのだった。


フォールのアタリがわかれば、あとはこちらのもの。
これを機に連続ヒットで、
他の釣り人が釣れないのをしり目に、爆釣ムード。



終わってみれば、マダイ12匹。
圧倒的な差をつけて人生初の竿頭となったのだ。
100821_2005_01.jpg




ちなみに、プロテスターの方々は本命0~2、Tさんは2枚。
これだけプロと差がつくと、気持ちいいことこの上ない。


テスター二人にガンゾウとヒラメが上がっていたことを見ると、
どうやら彼らは底でずっと釣りをしていたのだろう。


ただ、そこ(底)には鯛がいなかったのだ。





本当に気持ちいい。
今日はいい釣りになった。

サイズには恵まれなかったけど、
これだけ数が釣れるとそれだけで満足のいく結果。





マダイはフォールで喰う
今まで半信半疑だったが、今回の釣行で確信できた。


一つテンヤは底から10m以上浮いてる鯛を釣ることができる。
それもたまたまじゃなくて、狙って。
捕食意欲をかきたてて、喰わせる。

撒き餌に紛れた餌をたまたま喰わすのではない。

こちらから誘って、喰わせるのだ。




今回の釣行でフォールの釣りがわかるようになってきて、
より一層一つテンヤにハマる私なのでした。
100821_1932_02.jpg





最後に余談。

サミングしながらの合わせ→ベイル返しは田辺さんのDVDで何度も見た。
まさかあのテクを自分が使うことになるとは思ってもみなかったけど、
何回もDVDを見たおかげで、実践で即使うことができた。

さすがに一回目はベイルを返した反動で魚がバレないか心配だったけど、
二回目からは安心して、ベイルを返すことができた。


やはりパイオニアのテクニックは何度も見て、
盗めるところは盗みたいものだ。
スポンサーサイト
2010.08.23 Mon l 大原 き栄丸 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

おめでとうございまーす
テスターの人にもボロ勝ちですか~!
12匹とか爆釣ですねっ!うらやましいっ。
あれやこれや色んな釣りにはまってしまって
ひとつテンヤ、なかなかやる機会がありませんけど
私も、フォールで釣る!がんばってみまーす。
2010.08.23 Mon l てんにゃん. URL l 編集
No title
素晴らしい!
オメ───ヾ(o'∀`o)ノ───!!

フォール中のアタリって確信が持てないで
ついつい様子を見てしまうんですよねぇ~。
オイラの場合はそれで失敗する事が多いです。^_^;

次はどんなドラマが有るのか楽しみですねぇ~。
2010.08.23 Mon l いけしん. URL l 編集
てんにゃんさん
はいっ!プロにボロ勝ちすると気持ちいいもんですね!
これだけ爆釣すると、一人では食べ切れませんが、
飽きもせず、また大原へ行くつもりですww

私もボート釣りでは色んな釣りに浮気ばかりしてますが、
東京にいるときは一つテンヤ一本です!
やっぱり通うと毎回学ぶことがたくさんあって、
通うたびに成長する自分が見えるのがうれしいです。

フォールでの釣りはものすごく繊細でなかなか大変ですが、
チャンスがあったときは挑戦してみてください。
かなり難しいけど、フッキングの瞬間は何よりも気持ちいいですよ!
2010.08.24 Tue l きょん. URL l 編集
いけしんさん
どうもです!

僕の場合、基本的には違和感は全部即アワセです。
まぁ、空を切ってばかりですがww

明確なアタリはもう半分フッキングしてることが多いですが、
微妙なアタリこそ即アワセしないと乗らないのかな?と思います。


次回は・・・。
ぜひとも4キロ以上のを釣ってドラマを見せたいと思います!
2010.08.24 Tue l きょん. URL l 編集
竿頭おめでとうございます。
同じ水深でも2号のフォールスピードが良い時と
3号、4号のスピードの方が効くような事もあって
なかなか深いですよね~ひとつテンヤって。
専用ロッドでも手元まで感触が伝わらないような
微妙なアタリでも、合わせてみると意外にデカッ
みたいなのが釣れちゃう所も面白いですな♪
2010.08.26 Thu l 山梨のイカ釣り師. URL l 編集
山梨のイカ釣り師さん
ですね~。
フリーフォールがいい時もあるだろうし、
テンションフォールがいい時もある。

そういうアタリパターンをいかに他の釣り人より先に発見できるか。
これにつきるのだと思います。
ただ、フォールの当たりを取れないと、
いつまでたっても、狙って大鯛は狙えないのかなぁなんて思っています。

今までこの船に乗ってて2キロ級の鯛を釣ってる人はみんなフォールでのアタリですし、
底しか釣れない人の釣果が伸びてないのは明らかなので。

それに、小さいですが今回の最大サイズの鯛もフォールのアタリで、
しかも手元に当たりが来ないくらい微妙な当たりだったので、
かなりの釣り人が大鯛のアタリに気づいていないだけなのかなと思います。
2010.08.27 Fri l きょん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://letsgofishingingrace.blog48.fc2.com/tb.php/44-87198e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。